育毛、男性

育毛、男性

シャンプー後には欠かさずコンディショナーを使っている人もいますが、薄毛や抜け毛に悩んでいる人がコンディショナーを使うことは良いという人もいれば避けるべきという人もいます。コンディショナーを使うと、毛髪の表面にコーティングの膜が作られダメージから保護してくれます。
しかし、この成分が毛穴に詰まると髪の成長が阻害されるので、育毛の邪魔になってしまうでしょう。

とはいえ、この成分が未配合の育毛用コンディショナーもありますし、できるだけ頭皮の毛穴にストレスを与えないように丁寧に洗うことで育毛にも効果的に使うことができるはずです。厚生労働省が許可している育毛用の治療薬は、現状では、プロペシアとミノキシジルで、前者は内服薬、後者は外用薬として使用されています。

プロペシアとミノキシジル以外の薬を使うためには、海外輸入に頼ることになるでしょう。交渉の際の語学力が不足しているなどで自分だけの力で海外輸入が不安な場合には、個人輸入を代わってやってくれる会社にお願いしてみましょう。しかし、国内での許可がない以上、輸入した薬を使って何かしらの症状が出たとしても誰の責任にもできず自分で解決しなければいけないのは当然です。ノンシリコンシャンプーは髪の毛に優しい印象がありますが、直接的に髪の毛に作用しているのはシリコンという成分そのものではないのです。

強い洗浄作用のある成分が入っているシャンプーは強力な洗浄作用故に髪の毛がパサついてしまうので、ガサガサをコーティングするため、本来なら必要ないはずのシリコン成分が使われているのが実際です。育毛するためにはシリコンが入っているかノンシリコンかによって選択するのではなくて、シャンプーに使われている洗浄成分に着目することが肝要といえるでしょう。

日本におけるAGA患者の総計は1200万人強とする集計があります。国民の全人口が一億二千万人であることから考えれば、単純に考えても全人口の1割がAGAの症状を自覚していることになります。

しかしその1億超の総人口というものだとAGAの対象とならない女性や子供も入っているので、よって厳密に「成人」であり「男性」の数に限って試算すると、約20%(後期高齢者を除けばそれ以上)の高確率で発症しているのです。
ネットでもリアル店舗でも薬剤師がいるところなら、AGAの薬は買えると思ってはいないでしょうか。しかしながら市販薬などよりは病院で処方される医薬品のほうが、よく効きますし、きちんと診察を受けた上でなければ購入できないフィナステリド含有薬などもあります。

全国的にもAGA専門病院は増える傾向にありますし、ふつうの病院でも内科や皮膚科などでAGA治療を扱うところが以前よりは増えていますので、不安に思った時点で病院で相談しましょう。対策は早いほうが良いのです。

AGAは珍しい病気ではなく、男性ホルモンの分泌が著しくなる思春期以降なら誰もが発症する因子を持っています。いったい何歳くらいからの薄毛をAGAと呼ぶのかは、確固たる基準はないものの、中高生で薄毛のために来院した患者さんでもAGAによる薄毛である可能性はゼロではありません。

ただ、男性ホルモンの影響が強いのか、それともストレスや免疫疾患に由来するのかを自己診断するのは危険ですから、早いうちに専門の病院を受診するべきです。
それから、AGAに効果を発揮する治療薬のフィナステリド錠(商品名プロペシア)は、男性ホルモンの働きを弱める薬ですし、未成年の使用の安全性が確認されていないので、たとえAGAでも二十歳を超えない限りは処方不可能です。髪の毛がフサフサになるのを願って、頭皮に刺激を与えて、ブラシなどで頭部を叩く方法があると良く耳にしますね。

先に結論を言えば、頭皮を叩いて刺激する方法は頭皮に負担をかけるし発毛や育毛効果は期待できず、抜け毛、および薄毛の要因になるケースもあるのですよ。逆効果にならないようにするためには、先端がとがったグッズではなく、指のひらなどを使って優しく頭皮マッサージするならば、ひどいダメージを与えることなく毛根や頭皮の状態をアップさせることが可能になるのです。

普通、果物というとビタミン補給に役立つというイメージですが、実は、育毛にも役立つ栄養素がたくさん入っているのです。具体的には、リンゴに含まれているポリフェノールの主成分になっているのが、プロシアニジンという、育毛や発毛を促す成分なのです。
あるいは、ブドウ由来のポリフェノールは活性酸素の働きを抑制する効果があり、そのため、髪の主成分であるアミノ酸が髪に届きやすくなります。

育毛に効果的なのは運動であるといわれても、しっくりこないのではないでしょうか。

ですが、運動不足な人は血行不良になりやすく、脂肪が付きやすくなります。育毛に有効な栄養も血行が良くないと毛根まで届かないですし、肥満も薄毛を誘発する一つの原因です。運動不足を解消して元気な髪を目指しましょう。とても強烈な抗酸化作用を持っているリコピンという成分は、皮膚の老化や髪の毛が衰えるのを防いでくれますから、髪の毛を生やしたり育てたりするのに有効な物質です。
リコピンが多く含まれる食べ物はトマトです。

トマトにはこのリコピンの他にもビタミン、クエン酸など髪の毛やお肌に有効な物質が大量に含有されていますから、積極的に食べるようにすると良いですね。

また、リコピンは生で摂取するよりも熱を通した方が身体の中に栄養成分が取り込まれやすくなるのです。続きはこちら⇒ノンシリコンシャンプー メンズ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です